アイソラblog

サイフブランドのアイソラのブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
お伊勢参り その6
 こんな超贅沢な3泊4日の夏休みでございましたが、過ぎて見ればあっという間の4日間ではございました。振り返ってみればぼくのお伊勢参りは4度目だけれど、20年ごとにやってきています。それでは20年後のぼくのお伊勢参りははたしてあるのか。その時には伊勢うどんと赤福氷は食べられても、無くなった歯で松坂牛に食い付けるのか。20年後のブログを、乞うご期待。
| isola | 日記 | 17:09 | comments(2) | - |
お伊勢参り その4

流行りもの好きなぼくは、次は当然赤福氷でしょ。しばらく並んで注文して、お運びのアルバイトの高校生があっちにウロウロ、こっちにウロウロして、ようやく僕の手元に届いた、ちょっと溶け始めて体に良くなった赤福氷と赤福3個入りをいただく。そして内宮へ。

10月に遷宮を控えて、日本中から善男善女が集まって大賑わいのうえ、この日は「お白石持」という行事で、またまた日本中から善男善女が白い石を持って集まったんで、境内は人であふれていた。それでも新しいお宮も遠目に見れたし、今のお宮にもお参りできたし、これで今回の目的は達成。ついでに別宮の「風日祈宮(かざひのみのみや)」にも、ウィンドサーフィンの良風をお願いしておきました。

赤福氷


来たからには食べなくちゃね。ミーハージーさんの名がすたる。

五十鈴側




五十鈴川も雰囲気あります。このときは小雨模様で暑かったな。Tシャツ、ぐしょぐしょです。

風日祈宮


ウィンドサーフィンの神様の風日祈宮にお参り。 またまた違うか。

新しいお宮




新しいお宮。木の香りも高く、とてもいい雰囲気です。

| isola | 日記 | 16:54 | comments(0) | - |
お伊勢参り その1

 先日、岐阜の友人がセットしてくれて、長良川の鵜飼に行ったんですよ。そして翌日はお伊勢参りと、今年の一番ポピュラーな観光を組み込んで、あまりにも楽しかったので、備忘録ってことでブログをアップします。

前日の夜は、1年前から予約してある油壺の静観荘で、三浦の「コチ」のお造りを食べながら、古くからのウィンドサーフィンの友人たちと泊まり込みの宴会。もう15年近く続けていると、寄る歳波でみなさん、お酒が弱くなりました。もちろんぼくもね。ちなみに来年の予約はもう済んでいます。
海の風景




素晴らしい天気の津久井浜

こちのお造り




こちのお造り。巨大すぎてこちとはわからなかった。白身でうまいっす。肝もなかなかいけます。

| isola | 日記 | 16:35 | comments(0) | - |
人生いろいろ

風車昨晩、30年ぶりに講演会を聴きに行った。講師は足利工業大学の学長、牛山泉先生です。先生は風力発電の世界的なパイオニアでいらっしゃる。ぼくは30才過ぎから小さな会社ばかりにいたので、組合とかにも加入していなく、講演会のようなことには無縁の人生だったし、人の意見は聞かない頑固一筋だったので、本当に久しぶりに人の話を聞く経験をした。いやあ、たまには人の話も聞くもんですね。

あんなにゆっくり回っている風力発電の羽根も、先端は新幹線並みのスピードで動いているって知っていますか。

風は2/3を取り込んで、1/3は逃がすのが最も効率が良いって知っていましたか。この理論、ウィンドサーフィンで使えるかな。

仕事への姿勢とかリーダーの心得とか、とても印象に残る講演でした。そして先生、ぼくの学校の6年先輩だったんです。40年経ちゃあ、人生もそれぞれだよね。 

| isola | 日記 | 16:21 | comments(2) | - |
やっとわかった
散々苦労したけれど、ようやくわかった。やっぱりジュゲムではipadやiphoneには対応していなくて、しょうがないからジュゲム推薦のアプリを入れてみた。

iphoneにも対応しているアプリなので日本語入力はフリックで、ローマ字入力も画面が大きいから楽だけれど、やっぱりpcほどは楽じゃない。

とりあえずアップしてみます。
| isola | 日記 | 15:11 | comments(2) | - |
放射能じゃないぞ

スギ花粉昨日の朝、車に乗ろうと思ったら、イヤに汚れている。今週の始めには埃をかぶっているなって思っていたけれど、週中の恵みの雨で汚れも落ちて、昨日の朝は久しぶりに晴れ渡って、「晴れた空にピカピカの新車で通勤もいいな」って思っていたのに、みょうな黄色い斑点で、なんで汚れたんだって思った。でも赤のベースに黄色いドットもちょっとオシャレかも。

こりゃきっと黄砂が降ってきやがったんだって思っていたら、新聞によると放射能が降ってきたって思った人もいたみたいで、「この汚れはスギ花粉です」なんてアナウンスしていた。これが放射能じゃ、東京は壊滅だわな。

今年は花粉症持ちにはつらい季節だって言われていたけれど、ふたを開けてみたら意外と過ごし易い。季節がちょっと暖かくなって花粉が飛ぶ始めると、翌日は雨だとか雪だとかって天気の廻りあわせになっているからなんだろうな。車の汚れくらいは我慢して、花粉症が軽くすんでいることに感謝しよう。 

| isola | 日記 | 11:38 | comments(0) | - |
行列に並ぼうと思って、考えた

昨日、車で走っていて、ガソリンスタンドの長い行列を見て思った。「ぼくの車もガソリンタンクに半分しか入っていないし、明日にでも行列に並んで給油するか」。夜のうちに行列待ちの退屈しのぎの厚いミステリを車に積んで、さて寝るかってときに考えた。いつものぼくはタンクに4分の3まで減らなければ給油なんかしないのに、なんで今回は早めに給油したいんだ。

「いざ」に備えて満タンにしておきたい気持ちはわかる。被災地でもガソリンが必要だっていっているし、なにかあったら車で逃げられるからね。

でも震災の日の夜を思い出すと、車なんか何の役にも立たないんだな。「いざ」って時が来たらみんな思うことは同じで、一斉に車で逃げようとするから道路は大渋滞。この間みたいにいつもなら30分の距離が4時間みたいになっちゃうのは火を見るより明らかだ。とくにぼくみたいに23区内に住んでいたら、車で逃げることなんか考えないほうがいいな。

こんな当たり前のことが分からなくなっちゃうほど、行列を見るとパニクっちゃうんだな。そして一人が考えつくと、そんな小さなことでも、都民全部だと1千万倍増幅しちゃうんだな。

ミステリを車から降ろして、スタンドの列に並ぶことはやめた。今、タンクに入っているガソリンを、エコドライブで引っ張っるだけ引っ張ってみよう。被災しなかった人間ができることって限られている。節約、節電、募金、不足しているものを送る。そして平常心で、平常通りに過ごすことぐらいしかできない。日用品を今までどおりに普通に買って、無ければ我慢して、余分なものは手に入れない。ぼくにはこれくらいしかできないんだと思う。 

| isola | 日記 | 14:18 | comments(5) | - |
その後

 昨日の3時頃、雷とともに降り始めた豪雨は凄かった。最初はPC前で事務仕事をしていたので気づかなかったけど、雨音の激しさにドアを開けたら驚いた。会社の前の道路が川になっている。道具を持ってくればウィンドサーフィンができたんじゃないか。

子供のころに一度、床下浸水の経験があるので、増水の早さはわかっていたけれど、あらためて体験して、やっぱり早い。どんどん水位が上がってきて、「さて対策しなければいけないかな」と思っているうちに突然雨がやんで、あと10cmほどでセーフでした。

「東京都内で床下浸水」なんてニュースにならなくてよかった。

| isola | 日記 | 14:22 | comments(0) | - |
真夏の夜の夢

先日の暑い日曜の夜、近所の食堂で食事をしていた。

「・・・はできないけれど、カニカツならできます」なんて、のれんをあげて奥さんが話をしている。カニカツってなんだ?その声に引き込まれるようにジーサンが、入口の敷居につまづいて、たたらを踏んで入ってきた。ぼくの隣のテーブルに座って運ばれてくるのを待っている。そしてブツブツとお決まりの独り言を言い始めた。年寄りは独り言が大好きみたいだ。

運ばれてきて食べ始めて、口に物が入ればしゃべれないから独り言も止んで、「さて、カニカツって何だ」って見ようとしたら、また独り言が始まった。ちょうどTVでビフォーアフターをやっていて、ナレーターが、「2階の仏壇に行けなかったおばあちゃんも、これで毎日お線香をあげられる」なんて言っていて、やたらと「おばあちゃんよかったね」みたいなナレーションが続いていたんだな。

そしたらジーサン、これに反応しちゃった。「おばあちゃんはよくなったけれど、じーさんはどうなる」とか、「ばーちゃんばっかりだいじにして、じーちゃんは可哀想じゃないか」とか。

お気持ちはよくわかるし、ぼくもそう思うけれど、TVに話しかけても始まりませんから。

帰り道、歩道を歩いていたら、後ろから自転車オヤジが追い越して行った。人のギリギリを通るし、「やなオヤジだな」と思っていたら、ぼくの前を歩いているニーチャンを追い越そうとしたら、ニーチャン、ガードレールとの幅を狭めて追い越させない。隙間ギリギリを攻めて追い抜いたら、ニイチャン、自転車オヤジの肩をドンと押した。なんとか倒れずに走って行ったけれど、間一髪だった。

暑いからな。いろんな人も出てくるよな。 

| isola | 日記 | 13:47 | comments(2) | - |
停電

 この暑いさなか、住まいが停電した。ぼくは電気関係もまったくダメな文科系人間だから、できることといえばブレーカーを上げるくらいで、東京電力に電話して指示通りにブレーカーをあげて、なんとか復帰した。その後、東電の人が来て調べて、多分大丈夫でしょうってことなので、ぼくは夜の街にフラフラと出かけて行って、朝起きたらまたブレーカーが落ちている。昨日の夜、どうだったのかは記憶にあるわけがない。

昨日の手順どおりに復帰して、朝ご飯を食べていたらまた停電した。もう慣れっこだからブレーカーを上げに行ったら、今度はどうやっても戻らない。東電の人がレスキューに来るまで、食事を続けようとしたら、電気ポットからお湯が出ない。そうか、これはモーターでお湯を吸い上げるのか。

冷蔵庫がぬるくなり始めて、命の次に大事な氷が溶けはじめる。今晩のオンザロックはどうする。トイレに行ったらウォシュレットが動かない。そうか、これもモーターか。部屋の温度が外気に近付いて、ぼくは1枚、また1枚と脱ぎはじめる。東京は暑すぎるぜ。

停電そしてレスキュー隊がやってきて、ブレーカーのパーツを交換して、ようやく文明生活に戻るいことができた。電気って大事なんだ。ってあらためて思いました。

| isola | 日記 | 11:57 | comments(3) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE