アイソラblog

サイフブランドのアイソラのブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
久しぶりにシングルモルトの話
スプリングバンク21年画像はアイラ島の隣のキャンベラタウンの「スプリングバンク」の21年、これも文句なく美味い。

先週、友人たちと、横須賀の「中央酒場」からバー「みのる」というゴールデンコースで飲み歩いた。スナックも行ったらしいけれど、ぼくはストールで寝ていたから、行ったことにはならないな。「ちゅうさか」はお決まりのホッピーとハムカツです。

「みのる」っていうバーが訳ありで、入口は洋食屋、ショーウィンドーには美味しそうなカレーだとかハンバーグだとかの食品サンプルが並んでいます。でも中に入ると立派なバーなんです。4人のボックス席が2つあって、8人ほどのカウンター、マスターの背後には見たこともない希少なボトルもあって、たくさんのボトルが並んでいます。ぼくはここでアイラモルトに一層深くハマった過去があるんです。

そこでマスターの言われるままに、「ブナーハーブン」の25年だったかを試した。これが美味いんだな。もともとこのブランドはアイラモルトだけれど、アイラっぽさが無いお酒でで、僕の好みじゃなかった。でも25年までいくと、もうほとんどアイラらしさが無い。丸くて芳醇で、美味いとしか言いようがない。

以前このバーでラフロイグの40年を試したことがあったけれど、その時もラフロイグなのにアイラっぽくない、とても美味しいモルトになっていた。最近戴きもので響の17年を呑んでいるけれど、これも文句が付けようがなく美味い。そして記憶の中では味が、僕みたいな鈍感には区別ができないほど似てきてしまうんです。

最近ぼくは思います。シングルモルトにハマって10数年の鼻垂れには、18年だ20年だはまだ早いんじゃないかと。4年6年あたりの個性がまだはっきり出ている、硬いお酒で勉強する時期なんじゃないかと。だから今晩もチーズをつまみに、勉学の日が続きます。
| isola | お酒と食べ物 | 11:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:58 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE